ICE LINKとは?
 フィギュアスケートを愛するすべてのみなさまに向け、スポーツ報知がお届けする会員限定コンテンツです。選手の生の声とともに、最前線で取材を重ねる記者、カメラマンから届く、様々な物語や瞬間を切り取った一枚など紙面では見られない“とっておき”をお楽しみください。スケートリンク(SKATING RINKS)と読者をつなぐ輪(LINK)のような存在となることを目指します。

宇野昌磨 優勝争った鍵山に感謝「この成績を残せたのは、間違いなく優真くんの影響」

初優勝を飾った宇野昌磨(ロイター)
初優勝を飾った宇野昌磨(ロイター)

 ◇世界選手権 男子フリー(3月26日、フランス・モンペリエ) 

 北京五輪銅メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が、フリーで今季最後の「ボレロ」を演じ、202・85点、合計は歴代3位の312・48点で初優勝を飾った。日本男子の世界王者は2017年ヘルシンキ大会の羽生結弦(ANA)以来、史上3人目。また、女子を制した坂本花織(シスメックス)と、日本勢のアベック優勝は、2014年大会の羽生&浅田真央さん以来の快挙となった。鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)が191・91点の合計297・60点で2大会連続銀メダル。3位には合計277・38点でビンセント・ジョウ(米国)が入った。記者会見で宇野の一問一答は以下の通り。

 ―ランビエルコーチは2度の世界チャンピオン。来年のさいたま大会でも優勝する。

 「ええ、そうですね。その、まあ何度も取材では話しているんですけれども、僕はその順位を目指して、優勝を目指してスケートをする、スポーツをする、っていうのがあまり得意ではない。負けず嫌いではあるんですけれども。その自分のためだけにスケートをするというのがあまり得意ではないので。今回も、もちろん優勝できたら、そのステファンコーチだったり周りの人が喜んでくださる、そういった気持ちもありましたけれども、まあ一番なのは、今シーズン、そしてこのシーズンに限らずここ数年、なかなか成績が出ない中でも応援してくださったみなさんだったり、そして、一番自分が、何もできていない時にお世話になったステファンコーチ、そんなコーチを、その…コーチの下で素晴らしい成績を残したい。そういった気持ちがありはありました。それでも、その今大会で優勝できたこともすごくうれしいんですけれども、あのー、優勝した瞬間に、感極まって涙を流すっていうことはありませんでした。それは、この優勝っていうのがゴールではなく、あの僕のゴールっていうのは自分でもどこにあるかわからない。ただ、まだまだ先にあるもっと成長した先にあるものだと思っているので、涙が出なかったんじゃないかなと思います」

 ―音楽がどのように背中を押している。音楽との関係性については。

 「はい。ええ、フリーの、ボレロに関しては、ショートと違って、ショートは比較的スローなテンポなので、割と曲に合わせて体を動かす、そういうことによって無駄な力が抜けて、あのー割と、体力もショートの方が楽なんですけど。このフリーに関してはアレンジも相まって、そして振り付けも相まってすごく、ジャンプも難易度が高いので、体力をとても消耗するプログラムになっています。ええ、この最後の試合になってようやく、最後までちゃんと滑り切る状態にできました。一年間ずっと、この同じ、そのショートは一週間に1回か2回。それ以外の日は全部フリーっていう感じで練習をしてきても、ようやく一年で、ここまで持ってくるので精いっぱいでした。ええ、まあこれだけ大変なプログラム、もちろんあの、ステファンコーチがそれだけ期待してくださっているからかなと思いますし、まあまた今後どのプログラムをやるにしても、このプログラムよりは楽だなって思えると思います」

 (司会者に促され、ランビエル・コーチも会見場に登場)

 ランビエル氏「昌磨、さらにステップアップするから楽になることはない(会場から笑い)。さらにハードワークを重ねるからこそ、良い選手になって、その先にはまた新たなチャレンジが待っているよ、と伝えたいと思います」

 ―今後の計画は。スイスに戻ってトレーニング積む。

 「今決まっている予定は、とりあえずアイスショーにたくさん出ます。そのプログラムを作りに、1度多分スイスに向かうと思うんですけど、それが何月になるのかは、明確ではないんですけども、結構、あの、近いうちに行くと思います。プログラムができ次第、そのプログラムをできるだけいろんなアイスショーで人前でたくさん披露する、それによって、自分の新しいプログラムを自分の中になじませて、それで試合に挑む形を取りたいとは思っています」

 ―2026年の五輪まで現役続ける気持ちでいるか。

 「えー、そのー、僕は五輪という舞台を自分の目標にしたことがあまりないので、そのー、僕が今何を目指してスケートをしているのか、全く分からないですけど、今考えているのはより、来年成長する、そして、またもっともっと何年もかけて成長し続けていきたい。その中で五輪という舞台がもしかしたらあるかもしれませんし、ただ僕の考えっていうのは、ここ1年、そしてその数か月でも大きく変わるので。完全に断言することはできませんけども、自分にとってスケートが次、そのー、苦しいものになった時に、果たしてもう1度、このような気持ちでスケートに向き合うことがあるのかもいまだに分かりませんので。全くその次の五輪に向けて、次の五輪はこうですというのは言い切れないです」

 ―ここまで一緒に歩んできたランビエルコーチに感謝を。憧れの存在でありたいと言っていたが、鍵山に今回そのような姿を見せられたと思うが。

 「はい、えー、まあステファンコーチには、ほんとに感謝しています。あのー、僕はまだまだ続けていくので、その、これからもたくさんお世話になりますっていうのが今思っている気持ちです。でー、優真くんの存在がほんとに今シーズン大きかったです。再びこの場所に戻ってこられて、この成績を残せたのは、間違いなく優真くんの影響が大きかったと思います。憧れの存在でいたいって発言はありましたけども、今はもう、ほんとにお互いが刺激しあって成長し合う、年齢はだいぶ離れているんですけど、友達だと思っているので。なんか、その憧れとか、そういう大きな、なんですかね。遠い存在のように扱われるよりも、普通に友達として一緒に切磋琢磨、練習して、今後もいきたいなというのを僕は考えています」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請