【ソフトバンク】ダイエー時代の02年以来、20年ぶりの開幕6連勝 大関友久がプロ初勝利

初先発で好投した大関友久 (カメラ・頓所美代子)
初先発で好投した大関友久 (カメラ・頓所美代子)

◆パ・リーグ ロッテ1―3ソフトバンク(31日・ZOZOマリン)

 ソフトバンクが接戦を制し、ダイエー時代の2002年以来、20年ぶりに開幕から無傷の6連勝を飾った。

 先発マウンドに上がった大関友久が最速150キロの直球とツーシームを武器に圧巻の投球を見せた。5回2死からエチェバリアにソロ本塁打を浴びたものの、7回途中を6安打1失点。針治療のアクシデントで離脱した松本裕樹に代わってローテに滑り込んだ育成出身のサウスポーが、プロ初先発で初勝利を挙げた。

 攻撃陣は3回に柳田悠岐のタイムリーで先取点を奪うと、左膝を痛めて離脱した栗原陵矢の代役で5番に入った中村晃もその直後に適時二塁打。「大きい追加点だったと思うので良かった」と喜びを口にした。8回には2死二、三塁から代打・牧原大の左前適時打で追加点を挙げた。

 これで藤本博史監督は就任後、6戦6勝となり、NPBの新人指揮官の開幕連勝記録に肩を並べた。チームとしては南海時代の1955年(10連勝)以来、67年ぶりの開幕7連勝をかけ、4月1日の楽天戦(楽天生命)に臨む。

 ◇大関 友久(おぜき・ともひさ)1997年12月14日、茨城県土浦市生まれ、24歳。小学1年から野球を始め、都和中時代は常総ボーイズで投手。土浦湖北高では1年秋からエースも甲子園出場なし。仙台大を経て、2019年の育成ドラフト2位でソフトバンク入り。昨年5月に支配下登録された。185センチ、94キロ。左投左打。

◇新人監督の開幕連勝と最終順位◇

▼6連勝

与那嶺要 (72年=中日) 3位

梶本隆夫 (79年=阪急) 2位

藤本博史 (22年=ソフトバンク) ?位

▼5連勝

田辺徳雄 (15年=西武) 4位

※西武・田辺監督は前年に監督代行

◇ホークスの開幕6連勝以上

▼10連勝 1955年

▼ 7連勝 1954年

▼ 6連勝 2002年、2022年

※1954、55年は南海、2002年はダイエー。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×