【ソフトバンク】栗原陵矢の代役5番・中村晃がスライス打法で値千金タイムリー「キャプテンのナイスラン!」

スポーツ報知
3回2死一塁、左に適時二塁打放った中村晃   (カメラ・頓所美代子)

◆パ・リーグ ロッテ―ソフトバンク(31日・ZOZOマリン)

 ソフトバンク・中村晃外野手が技ありの一打で貴重なタイムリーを放った。

 柳田悠岐の適時打で先取点を奪った直後の3回2死一塁。フルカウントで一塁走者の柳田がスタートを切ると、中村晃は美馬の外角に沈むフォークをとらえた。スライス回転のかかった打球は左翼線で弾んだ後、ファウルゾーンを転々。左翼・高部が打球の処理をもたつく間に、柳田がヘッドスライディングでホームを陥れた。

 「本当にキャプテン(柳田)のナイスラン。よくホームまで走ってくれたと思います。大きな追加点だと思うので、良かったです」

 前日(30日)の同カードでは9回に左翼手の栗原陵矢が中堅・上林誠知と交錯。左膝を痛め、この日、出場選手登録を抹消された。代役で5番に入った中村晃がいきなりクリーンアップとして大仕事をやってのけた。

 ソフトバンク・柳田(3回1死二塁から先取点となる中前適時打。その後は中村晃のヒットで一気に生還)「良いところに飛んでくれた」

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×