【ソフトバンク】栗原陵矢が上林誠知と激突 負傷交代で担架退場

スポーツ報知
9回2死、福田光輝の打球を追い上林誠知と交錯して脚をおさえる栗原陵矢(カメラ・佐々木 清勝)

◆パ・リーグ ロッテ3―4ソフトバンク(30日・ZOZOマリン)

 ソフトバンク・栗原陵矢外野手が負傷交代に見舞われた。

 1点リードで迎えた9回に守護神の森唯斗が簡単に2死を奪ったが、福田光輝の左中間に高く上がった飛球を追い、栗原と中堅・上林誠知が交錯。左膝付近を強打した模様の栗原はそのまま外野の人工芝から動くことができずに、担架で運ばれた。

 栗原は開幕から全5試合に5番に座り、この日も決勝の押し出し四球を選ぶなど、打率3割5分3厘、2本塁打、5打点と好調を維持してきた。離脱となれば、開幕5連勝を飾ったチームに暗雲が垂れ込めそうだ。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×