新十両昇進の栃丸、11年での悲願に「うれしさが倍に倍になって感無量でした」

新十両に昇進し、会見した栃丸
新十両に昇進し、会見した栃丸

 日本相撲協会は30日、都内で大相撲夏場所(5月8日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議を開き、新十両に栃丸(春日野)の昇進を決めた。同日、会見した栃丸は「本当に長かったんですけど、苦労した分、うれしさが倍に、倍になって、感無量でした。このうれしさは何にも例えられないようなうれしさ。今日この日を迎えるのが本当なのかなという感じでした」と喜んだ。

 栃丸は2011年5月の技量審査場所で初土俵。幕下5枚目以内では10場所目となった3月の春場所は、西筆頭でストレート勝ち越し。4勝3敗で終え、初土俵から11年での新十両昇進を濃厚にしていた。同席した師匠・春日野親方(元関脇・栃乃和歌)は「決して天才でもないし、光るものがあって入って来たわけでもない。これは本人の努力。しっかり土台を固めてというのをここ何年間か考えていましたので、上がったときの強さを見せてもらいたい」と期待を込めた。

 押し相撲が得意の29歳は、夏場所(5月8日初日、東京・両国国技館)に向け「僕は回転の早い突っ張りが持ち味。もっとこれを早く、重く、威力のある突っ張りに変えて、もっといい相撲が取れるような感じにしたいです」と、力強く意気込んだ。

 ◆栃丸 正典(とちまる・まさのり)本名・長谷山正典。1992年8月26日、東京・練馬区出身。29歳。春日野部屋。11年技量審査場所、初土俵。13年初場所、新幕下。171・5センチ、152キロ。得意は押し。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請