木下ほうかが謝罪「概ね間違っておりません」…芸能活動は全て無期限休止

木下ほうか
木下ほうか

 複数の女優への性行為強要疑惑が一部で報じられ、28日に所属事務所「カクタス」とのマネジメント契約を解消した俳優の木下ほうか(58)が28日、自身のツイッターで、謝罪のコメントを発表。今後の芸能活動については、全て無期限で休止するとした。

 木下は性行為強要疑惑の報道について「事務所と協議していたことでご報告が遅くなり、女性の方々はもとより、関係者の皆様に多くのご迷惑をおかけしてしまい、深くお詫(わ)び申し上げます」と謝罪した。

 報道の内容については「一部事実と異なる点や10年程度前のことで記憶にないこともございますが、概ね間違っておりません」とした。

 一方で「現在週刊誌から質問されておりますが、女性から明確に拒否されているにも関わらず関係を持ったことや、薬物を用いて関係を持った記憶はございません」とつづった。

 今後については「皆様の目に触れる芸能活動を続けることはできませんので、芸能活動については全て無期限に休止させていただきます」と無期限で活動を休止するとした。

 木下のコメント全文は以下の通り。(原文まま)

 報道について、事務所と協議していたことでご報告が遅くなり、女性の方々はもとより、関係者の皆様に多くのご迷惑をおかけしてしまい、深くお詫び申し上げます。

 まず、現在出ております週刊誌報道の内容について、一部事実と異なる点や10年程度前のことで記憶にないこともございますが、概ね間違っておりません。

 ただ、現在週刊誌から質問されておりますが、女性から明確に拒否されているにも関わらず関係を持ったことや、薬物を用いて関係を持った記憶はございません。

 それを前提にしたとしても、私の軽率な行動の結果、女性の方々が心に深い傷を負ったことに間違いはございませんので、深くお詫びを申し上げます。

 女性の方々に対しては、本来であれば私が直接謝罪をすべきところではございますが、そのことでさらに傷つけてしまうこともあると考え、今後の皆様への対応につきましては代理人を立てて誠心誠意行わせていただく所存です。

 次に、私の軽率な行動の結果多大なご迷惑をおかけした多くの関係者の皆様に、深くお詫び申し上げます。

 このようなことをした私が、今後、皆様の目に触れる芸能活動を続けることはできませんので、芸能活動については全て無期限に休止させていただきます。

 2022年3月28日 木下ほうか

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請