渋野日向子「切り替えて頑張らんと」メジャー“前哨戦”最終日に「80」

スポーツ報知
渋野日向子

◆米女子プロゴルフツアー JTBCクラシック 最終日(27日、米カリフォルニア州アビアラGC=6609ヤード、パー72)

 最終ラウンドが行われ、今年から米ツアー会員となり、米本土での初戦に臨んだ渋野日向子(サントリー)は80とスコアを大きく下げて通算3オーバー72位で終えた。9打差の28位から出て、1バーディー、7ボギー、1ダブルボギーで回った。ラウンド後の中継局のWOWOWのインタビューで「悔しい結果になったのですごい残念です。また切り替えて頑張らんと、という感じです」とうなだれた様子で振り返った。

 今大会は不規則なポアナ芝のグリーン上に苦しめられてきたが、1番で約10メートルから3パットのボギーをたたいた。2番もボギーとし、3番パー3では第3ラウンド同様にチップインバーディーで取り返した。だが、5番、6番、9番もボギーとし、スコアを4つ下げて折り返した。後半は10番パー5で第1打を池に入れてボギー。13番ではダブルボギーをたたき、15番もボギーと流れを取り戻せずに終わった。最終日の課題に挙げた「パー5」でもバーディーを奪えずに終わった。

 最終日のプレーについては「今日は自分のミスがすごい多かった1日だったので、どうしようもなかったです」。4日間苦しめられたグリーン上は「今日は特にラインがどうこうという感じでもなかった」と振り返った。

 次戦は31日開幕の今季メジャー初戦、シェブロン選手権(米カリフォルニア州ミッションヒルズCC)に出場予定。20年大会51位、昨年は予選落ちしており「苦い終わり方ではあったけど、まだまだ試合はあるので、また切り替えて頑張りたい。(メジャーに向けては)今年はしっかり予選を通過してリベンジできるように頑張りたい」と言葉を振り絞った。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×