【高松宮記念】ロータスランドの岩田望来騎手は大金星逃す首差2着「馬場にも枠にも恵まれた」

スポーツ報知
首差の2着まで迫ったロータスランド

◆第52回高松宮記念・G1(3月27日、中京競馬場・芝1200メートル=重)

 国内屈指のスプリンターが集まった春のG1シリーズ開幕戦は、丸田恭介騎手とコンビを組んだ8番人気のナランフレグ(牡6歳、美浦・宗像義忠厩舎、父ゴールドアリュール)が、G1初制覇を飾った。勝ち時計1分8秒3。

 際どい首差の2着は5番人気のロータスランド(岩田望来騎手)。さらに鼻差の3着には17番人気のキルロード(菊沢一樹騎手)が続き、3連単は278万円4560円の大波乱となった。1番人気に推されたレシステンシア(横山武史騎手)は6着に敗れた。

 岩田望来騎手( ロータスランド=2着)「はじめてのスプリント戦、それもG1で最後差を詰めてくれました。マイルでも短いかなという感じだったので、対応してくれたのは馬のレースセンスだと思います。馬場にも恵まれましたし、枠番にも恵まれました。あと一歩でした。これからG1で上位を狙っていければ」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×