【日本ハム】先発の吉田輝星は初回3失点 今季チーム最長4回を投げ降板「初回の先頭に決め切れなかった」

2回、力投する日本ハム先発の吉田輝星(カメラ・竜田 卓)
2回、力投する日本ハム先発の吉田輝星(カメラ・竜田 卓)

◆パ・リーグ ソフトバンク―日本ハム(27日・ペイペイD)

 日本ハムの先発・吉田輝星投手は、初回に3点を失い4回4安打1四球3失点で降板した。4回は今季のチーム最長イニング。5回から2番手・池田がマウンドに上がった。

 初回、先頭の三森を追い込みながらも粘られ四球で出すと、今宮にはバスターを決められ、右前打で一、二塁。続く柳田は二塁正面へのゴロで完全なゲッツーコースだったが、二塁・渡辺がファンブルし二塁でのアウト1つだけ。これが結果的に大きく響いた。

 1死一、三塁からグラシアルに中犠飛を打たれ先制を許すと、栗原にはフルカウントから浮いたフォークを右翼テラス席にたたき込まれ、一挙3点を失った。

 2回は四球の走者を出したものの、最後は甲斐を146キロの直球で見逃し三振に仕留めるなど無失点。3回は1番からの好打順だったが3者凡退に抑えた。4回は、先頭のグラシアルに右翼線にライナーではじき返されたが、万波のレーザービームで二塁タッチアウト。続く栗原に右中間二塁打を許したが、後続を断ち無失点で切り抜けた。

 吉田は降板後「初回の先頭バッターに対して、追い込んでから決め切れなかったことがすべてです。ホームランは、変化球が甘く入ってしまいました。2回以降は、変化球が入り出したので、真っすぐでどんどん押して粘ることができたと思います。守りでいいプレーもあり、5回表に点を取ってくれた野手陣に感謝したいです」とコメントした。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×