【中日】ああ立浪和義監督、初勝利スルリ…終盤3点リード守れず開幕2戦連続逆転黒星 勝野昌慶投打実らず

スポーツ報知
5回2死一塁、勝野昌慶(左)が左中間2ラン本塁打。迎える立浪和義監督(カメラ・相川 和寛)

 ◆JERAセ・リーグ 巨人7―5中日(26日・東京ドーム)

 中日・立浪和義監督の初勝利がスルリと逃げた。

 記念すべき開幕戦は、エースの大野雄に託したが接戦を落とし、監督初黒星を喫した。この日は8回までに3点リードしながらも、3番手・岩崎のアクシデントからリリーフ陣が打ち込まれ、開幕から2日連続の逆転負けを喫した。

 先発・勝野昌慶投手が5回に、巨人・山崎伊から左中間席中段まで運ぶ、プロ初本塁打を放ち、投げても6回2失点とまとめ「球数が多くなってしまいましたが、攻める姿勢は出せた」と充実感を口にしたが、白星にはつながらなかった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×