横浜FMルーキーDF西田勇祐が負傷から復帰 同期のデビューに刺激「ほぼほぼ悔しさしかない」

スポーツ報知
西田勇祐

 横浜FMのDF西田勇祐が25日、オンライン取材に応じた。この日は横浜市内で1時間ほどトレーニング。右足の負傷から復帰を果たした18歳が、公式戦デビューへ意欲を燃やした。

 今季ユースからトップ昇格したルーキーは「長短のキック」を武器とし、サイドバックやセンターバック、ボランチまでこなす。「試合に絡めるようどんどんアピールしたい」と意気込んでいたが、1月下旬のキャンプ中に右足を負傷。全治4週~6週と診断され「大事な出だしで、キャンプの最初で遅れてしまった」と西田にとって苦しいスタートになった。

 離脱中にはチーム内でも負傷が相次いだこともあり、ユース出身の同期MF山根陸が神戸戦(2〇0)で先発デビュー。「陸とか年齢の近い選手がデビューしてすごいなって尊敬はしているけど、ほぼほぼ悔しさしかない。けがでリハビリしながら見ている時はうずうずして、試合を見るのがメンタル的にもきつかった」と同期の活躍を横目にしていた当時の正直な気持ちも吐露した。しかし、「刺激を感じられたので、デビューしたい気持ちがより一層強くなった」。その悔しさは西田の大きな力になった。

 全体練習にも合流し、徐々にコンディションは高まりつつある。加入時には「ポリバレント性がある選手は尊敬するし、自主練も一緒にやろうと声をかけてくれる」と同じように最終ラインからボランチまで幅広くプレーするDF岩田智輝を目標の先輩として挙げた。「試合に出るためにはどこのポジションでも、マリノスに求められるテンポや強度が絶対に必要。偉大な先輩方がいるので、もっと監督やスタッフ、コーチにアピールしていかないといけない」とキッパリ。背番号36は貪欲に激しい競争へと割り込み、まずはピッチに立つことを目指す。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×