パリ五輪世代U―21日本代表が白星発進!大岩体制初陣で小田裕太郎が決勝点 クロアチア下す

スポーツ報知

◆ドバイ杯 U21日本1―0U23クロアチア(23日、UAE・ドバイ)

 パリ五輪世代のU―21日本代表は、U―23クロアチア代表を1―0で下し、大岩剛監督体制の初陣を飾った。

 日本は立ち上がりから素早い攻守の切り替えと強度の高いプレーで相手を圧倒。MF斉藤光毅(ロンメル)、MF甲田英将(名古屋)の両サイドの仕掛けやMF田中聡(湘南)、MF藤田譲瑠チマ(横浜FM)のダブルボランチのボール奪取・持ち運びからチャンスを多くつくった。

 前半の終盤には藤田の縦パスからFW藤尾翔太(徳島)が決定機を迎えたが、相手GKの右足に阻まれ0―0で前半を折り返した。

 後半途中からは移動の疲れや時差への適応の難しさもあってか、運動量が徐々に低迷。トップ下で投入されたMF荒木遼太郎ら交代選手を中心に攻撃を組み立てた。

 得点シーンは後半36分。右サイドに比重を高めた攻めが続いていた日本は、左MFで途中投入されたMF小田裕太郎が浮き球に抜け出し、相手GKを冷静にかわして右足を振り抜いた。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×