樋口新葉、「全部完璧にできるように」北京五輪後もほぼ休まず、3度目世界選手権へ

スポーツ報知
公式練習に参加した樋口新葉(カメラ・高木恵)

 フィギュアスケートの世界選手権は23日、フランス・モンペリエで開幕する。22日は本番リンクで公式練習が行われ、3度目の出場となる樋口新葉(明大)は、ショートプログラム(SP)を曲かけし、冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は両足着氷でステップアウトとなり、その後、何度もトライした。

 北京五輪では、団体で日本勢初のメダル獲得に貢献し、シングルのSPで、五輪では女子史上5人目となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功。フリーでも決め、5位入賞を果たした。帰国後も休むことなく世界選手権に向けて練習に励んできたと言い、「世界選手権は(来季の日本の出場)枠がかかっている。五輪で感じたことを世界選手権までに修正して、それを全部出し切りたいなっていうふうに思っていたので、休む暇はあんまりなかった」と話した。

 今大会でもSP、フリーともに大技・トリプルアクセルを投入予定。「まだこっちに来てから跳べていないので、ちょっと調整したい。(トリプル)アクセルを跳んでも、(他のジャンプで)1個失敗しちゃうと点数が伸びないので、全部完璧にできるようにすることを目標にしています」と意気込んだ。

 2018年大会では、平昌五輪代表を逃した悔しさをぶつけ、銀メダルを獲得。今大会では、さらに上を目指し「前回出たとき2位だったので、それ以上狙えるような結果で終われたら良いなと思います」と語った。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×