【巨人】清水隆行氏の解説 岡本和真は変化球でタイミングずらされても対応ができている

スポーツ報知
8回2死、左越えにソロ本塁打を放つ岡本和真(カメラ・泉 貫太)

◆オープン戦 巨人1―2楽天(20日・東京ドーム)

 巨人の岡本和真内野手が2点ビハインドの8回2死から西口のナックルカーブを捉えて左越えソロを放った。変化球に体を泳がされながらも、最後は左手一本でスタンドへ。オープン戦単独トップの6号となった。野球評論家の清水隆行氏が、岡本和の状態をワンポイント解説する。

 * * *

 岡本和にとっては、イメージしていなかっただろうカーブ。多少タイミングを外された感じはあったが、頭は残っていた。今年はキャンプからフリー打撃の時にもセンター中心に丁寧に打っている。その成果が出た打席とも言えた。ロッテ・佐々木朗の強い球も打った。この日は変化球にずらされても対応ができた。岡本和は開幕へ準備OKだ。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年