【巨人】赤星優志は“サンデー上原”の再来になれるか…99年新人で20勝 後半戦は「チューズデー」に

スポーツ報知
5回を投げ終え桑田真澄投手チーフコーチ(右)の話を聞く赤星優志(カメラ・中島 傑)

◆オープン戦 巨人1―2楽天(20日・東京ドーム)

 巨人のドラフト3位右腕・赤星=日大=が楽天戦に先発し、6回5安打1失点の好投で開幕ローテーションへの最終関門を突破。桑田投手チーフコーチはオープン戦4試合で全て日曜日に登板してきたルーキーを、27日の中日との開幕第3戦(東京D)でデビューさせる方針を明言した。1999年に新人ながら20勝を挙げ、“サンデー上原”と呼ばれた上原浩治の再来として期待が高まる。

 ◆サンデー上原とは

 1年目の99年は開幕から主に日曜日に登板を重ねた。前半戦に登板した15試合中11試合が日曜日で、12勝、防御率1・81はともにリーグトップ。後半戦からは日程の都合上、首位・中日と上原をより多くぶつけるために「チューズデー上原」としてカード頭の火曜日に多く起用された。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年