『バーチャファイター』初のプロ選手誕生!カメレオン選手&ちびたろう選手にライセンス権

スポーツ報知
プロ1号となったカメレオン選手(左)とちびたろう選手

 対戦格闘ゲームのセガ公式大会「バーチャファイターeスポーツ チャレンジカップ シーズン_0【2nd】FINAL」が20日、東京・新宿のルミネゼロで無観客開催された。予選を勝ち抜いた16名が決勝トーナメントを戦い、優勝したカメレオン選手と準優勝のちびたろう選手にJeSU(日本eスポーツ連合)が公認するプロライセンス発行の権利が与えられた。

 記念すべきプロ1号となったカメレオン選手は、広島出身の39歳。「まさかここまで来られるとは。頑張りすぎて疲れました」とぐったりとした表情で喜んだ。軽量級のキャラ「パイ」を操り、プロ公認をかけた準決勝では強豪のとんちゃん選手をフルセットの末に撃破した。「ゲームセンターでは日本一強い人。きのうも対戦してボコボコにされたんです」。劣勢でも落ち着いて「確反」(かくはん=確定で反撃できるチャンス)を狙い、一度はマッチポイントを握られながらも大逆転勝利を収めた。「確反を逃さず、返し技で攻めるのがボクの戦い方。プロになったら、今までやっていなかったSNSなどで盛り上げていきたい。プロである以上、負けたら恥ずかしいので、試合がやりにくくなるかもしれませんね(笑い)」

 準優勝でプロとなったちびたろう選手は青森出身の26歳。「プロになるぞと公言してきたので、有言実行できてうれしい」とホッとした様子で話した。パワーが売りのキャラ「ジェフリー」を操り、一撃必殺の投げ技を駆使して勝ち進んだ。準々決勝では、前回大会王者の優勝候補・ハート様選手を破った。力士キャラの「鷹嵐」を操る相手に対し、異例のキャラ変更で対応。試合の途中からスピードに勝る「パイ」に変え、速攻をかけて“大金星”を挙げた。「ボクの強みは反応力とディフェンス。プロになってもガードの堅さで勝っていきたい」

 今大会は、第1作のリリースから29年の歴史を持つ『バーチャファイター』初のプロ認定大会。予選には全国から430人がエントリーした。今後は2022年から23年にかけてプロ選抜大会を3回行い、23年3月にプロ8人による初めての賞金制の大会が行われる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×