「日本映画ペンクラブ賞」表彰式行われる…日本映画ベスト1は「ドライブ・マイ・カー」

 「2021年度日本映画ペンクラブ賞」表彰贈呈式が17日、都内で行われ「日本映画作品大事典」(三省堂刊)を執筆した山根貞男さんが同賞を受賞した。

 三省堂140周年を記念して2021年6月に刊行された「日本映画作品大事典」は、日本映画作品を対象にしたデータベース。100年以上にわたる作品を網羅しており、本書に収録された作品数は19500本に及ぶ。

 執筆を担った映画評論家・山根さんは「日本映画ペンクラブ賞ということで、同業の方々が下さったということが何よりもうれしい」と受賞を喜び、「映画監督が賞をもらう時に『一人で作ったわけじゃない』と言うが、この事典もそうで、三省堂の皆さんが頑張ってくれた。彼らと共にお礼を言わせていただきます。ありがとうございました」と感謝を語った。

 表彰式では、同クラブ会員が選出したベスト映画を発表。日本映画ベスト1に「ドライブ・マイ・カー」(濱口竜介監督)、外国映画ベスト1に「ノマドランド」(クロエ・ジャオ監督)、文化映画ベスト1に「水俣曼荼羅」(原一男監督)が選ばれた。

「2021年度日本映画ペンクラブ賞」表彰式に登壇した山根貞男氏(前列中央)ら受賞者
すべての写真を見る 1枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請