【中日】開幕“前哨戦”で勝ちパターン最有力の3人が好投 立浪監督「普通にやってくれれば力ある3人」

8回に登板したライデル・マルティネス(カメラ・関口 俊明)
8回に登板したライデル・マルティネス(カメラ・関口 俊明)

◆オープン戦 中日0―4巨人(16日・バンテリンドーム)

 中日・立浪和義監督がリリーフしたジャリエル・ロドリゲス投手、岩崎翔投手、ライデル・マルティネス投手を高評価した。巨人との開幕“前哨戦”で、それぞれ1イニングを無失点。指揮官は「祖父江が出遅れているのでこういう配置になっていくのかなと。普通にやってくれれば力ある3人がそろってる。非常に期待している」と明かした。

 この日最速156キロを出した岩崎には「バンテリンでは球速も増してみえますし、現に156キロ出ている。順調にきている」。今季1軍で初登板の守護神R・マルティネスには「みんなスピードは速いですけどそれぞれ球の質は違う。ライデルは角度ある。今日は良かった」と目を細めた。

 祖父江の完全復帰を待ちながらシーズン開幕に向け、この3人が勝ちパターンを担うことが最有力。立浪監督も「大体こんな感じでいく予定です」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請