【動画】巨人ルーキー診断#育成編 10人の育成G戦士を診断したら超有望株だらけ!【マンデー延長戦】

 ジャイアンツに新加入した新人17選手を、アマチュア球界を知り尽くす「流しのブルペンキャッチャー」こと安倍昌彦さんが徹底分析する動画シリーズもいよいよ最終回! 前回まで支配下の7選手を1人ずつ特集しましたが、今回は育成ドラフトで獲得した10選手にスポットライトを当てました。

 「本当は10人全員紹介したいんだけど」という安倍さんが、今回紹介してくれたのは3人。1人目は育成D4位の笹原操希(みさき)選手(18)=上田西高=。「引っ張って打球を飛ばそうとしない。センター方向へ大きな打球を打とうという意識が間違いなくある」とその打撃意識を絶賛。外野の守備センスも高く評価しました。

 2人目は育成D5位の鴨打瑛二投手(18)=創成館高=。身長195センチという超大型左腕について「時間がかかるというより、時間をかけるべき逸材」と潜在能力の高さに期待を寄せました。3人目、育成D6位の菊地大稀投手(22)=桐蔭横浜大は「(支配下)ドラフト上位で指名されてもおかしくない投手」と最大級に評価しました。

 実際にドラフト1位の翁田大勢投手(22)=関西国際大=がリリーフで開幕1軍、ドラフト3位の赤星優志投手(22)=日大=は開幕ローテに当確しており、今回のドラフトは大豊作。大器晩成型の選手ぞろいの育成ルーキーたちの可能性を、動画でぜひご確認ください。チャンネル登録もよろしくお願いします。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請