【巨人】ウレーニャが9回に同点右越え2ラン 2軍楽天戦は3―3の引き分け

9回1死一塁、同点2ラン本塁打を放つウレーニャ(カメラ・小林 泰斗)
9回1死一塁、同点2ラン本塁打を放つウレーニャ(カメラ・小林 泰斗)

◆春季教育リーグ 巨人3―3楽天(16日・ジャイアンツ球場)

 巨人の2軍は16日、ジャイアンツ球場で楽天戦に臨み、9回にエスタミー・ウレーニャが同点の右越え2ランを放ってドローに終わった。

 先発の横川凱は初回、2四球などで満塁のピンチを迎えると6番・前田に中前2点適時打を許した。4回を投げて2安打2失点でマウンドを降りた。

 5回から2番手・鈴木優は1回1安打無失点。3番手・山崎友輔も6回をテンポよく3者凡退で片付け、1回無安打無失点2奪三振。7回には4番手・大江竜聖は先頭に四球を許すと、後続を2者連続三振に仕留めたが、続いた3番・入江に右越え適時二塁打を許すなど、1回1安打1失点だった。

 8回からは5番手・戸郷翔征が登板。この日の最速は154キロを計測し、8、9回を完璧に抑え、2回無安打無失点3奪三振と好投した。

 打線は2点を追う3回、先頭のウレーニャが左越え二塁打で出塁すると、続く8番・広岡大志が右前適時打で1点を返した。9回には、6番・香月一也が左前安打で出塁し、続く7番・ウレーニャが右越えの同点2ランを放ったが、勝ち越しとはまではいかなかった。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年