【西武】大曲錬が高校の先輩・新庄ビッグボスの前で1回無失点も「自己採点は0点」

スポーツ報知

◆オープン戦 西武―日本ハム(15日・ベルーナドーム)

 西武・大曲錬投手が6回から登板し、1イニングを無失点に抑えた。

 福岡・西日本短大付高の出身で、日本ハムのビッグボス新庄監督の後輩にあたる。試合前の練習でビッグボスを見つけると、駆けつけてあいさつ。「試合前にはあいさつをさせていただきましたが、登板の場面ではそのことはまったく頭になかったです」。

 先頭打者を四球で歩かせるも、次打者を一ゴロ併殺打に仕留めてピンチを脱出。「自己採点は0点です…。先頭打者を歩かせてしまいましたし、抜け球がありました」と振り返った。

 福岡大では準硬式野球部に所属した異色の2年目右腕は初の開幕1軍へ「次回登板ではもっと(ストライク)ゾーン内で勝負できるようにします」と課題を挙げていた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×