浅田真央さんの夢実現…名を冠した「MAOリンク」設立 東京・立川に24年秋完成へ

スポーツ報知
昨年4月に開催されたアイスショーで、観客に笑顔で手を振る浅田真央さん

 2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子銀メダリストで、プロスケーターの浅田真央さん(31)の名を冠したアイスリンク「MAO RINK」が東京・立川市に設立されることが14日、分かった。同市に本社を置き、多くのスポーツ事業も手がける「立飛ホールディングス(HD)」とタッグを組み、24年秋までのオープンを目指す。17年4月の現役引退後の夢に自身のリンクの誕生を掲げ、実現に向けて奔走してきた真央さんの悲願が結実した。

 真央さんの長年の夢がついに実現する。関係者によれば、リンクは24年秋頃に完成予定。真央さんの熱い思いが実り、形となって動きだした。

 真央さんは以前から、将来の夢について「自分の真央リンクをオープンさせたいと思っています」と公言してきた。17年春の現役引退後は自身が総合演出を務めるアイスショー「浅田真央サンクスツアー」を全国各地で開催し、自らの演技で多くの人々に競技の魅力を伝えてきた。アイスショー出演の傍ら、自身のアイスリンク設立の夢をかなえるために数々の企業に出向きながらプレゼンテーションを行ってきた。

 その熱い思いを受け止めたのが、立川市に拠点を置く立飛HDだった。同社は、東京・立川市に本社を置き、不動産事業を中核としたグループ企業。立川市の地域活性化に多くのスポーツ事業にも注力しており、昨夏の東京五輪前には海外選手団の事前合宿も実施。同社が主導し、中南米を中心とした26の国・地域から延べ120人からなる大規模選手団を迎え入れた。真央リンク設立の計画を円滑に進めるために、今月3日までに「MAO RINK TACHIKAWA TACHIHI」の商標登録の出願も済ませた。

 現在、日本のフィギュアスケート界ではアイスリンクの減少が大きな悩みとなっている。真央さんも以前から「海外に比べたらリンクが少ない」と指摘していた。通年リンクの閉鎖が相次ぎ、昨年には多くのスケーターに愛された東京・新宿区のシチズンプラザが半世紀近い歴史の幕を閉じた。日本におけるフィギュアスケートのさらなる発展、普及、強化を見据える真央さんは、かつて「真央リンクができたらそこで練習に励んでくれるかも」と後進の育成への思いも明かしていた。

 真央リンク誕生は、未来のスケーターの希望となる。

 ◆浅田 真央(あさだ・まお)1990年9月25日、名古屋市生まれ。31歳。中京大中京高―中京大。トリプルアクセルを武器に05年、15歳でGPファイナル初優勝し、世界トップレベルに躍り出た。10年バンクーバー五輪銀メダル。14年ソチ五輪6位。世界選手権は優勝3回(08、10、14年)。GPファイナルは優勝4回(05、08、12、13年)。姉は元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞。

 ◆通年のアイススケートリンク 日本スケート連盟のHPによると、東京都内の通年リンクは現在3施設。23区の通年リンクは「明治神宮外苑アイススケート場」のみで、新宿区の「シチズンプラザ」は2021年1月に半世紀近い歴史に幕を閉じた。西東京市に「ダイドードリンコアイスアリーナ」、東大和市に「東大和スケートセンター」がある。関東は8施設。2020年12月には千葉・船橋市内に「三井不動産アイスパーク船橋」がオープン。他に「横浜銀行アイスアリーナ」、「KOSE新横浜スケートセンター」、「埼玉アイスアリーナ」、「アクアリンクちば」。

 ◆立飛ホールディングス(HD) 本社は東京・立川市(村山正道・代表取締役社長)。不動産事業を中核としたグループ企業。市の中心部に東京ドーム約21個分の敷地を保有し地域発展のためのスポーツ事業も展開。保有施設で大相撲の立川立飛場所や、テニスの全米オープン女子シングルスで日本人初優勝を果たした大坂なおみの凱旋試合となった18年の東レ・パンパシフィック・オープンを誘致。ホッケー男女日本代表もスポンサード。ビーチバレー東京五輪の男女代表決定戦も開催。21年4月には東京五輪代表の江村美咲とフェンシング界初のプロ契約を結んだ。

 ◆アスリートの名を冠した主なスポーツ施設

 ▼長嶋茂雄記念岩名球場 長嶋氏の出身地、千葉・佐倉市が功績をたたえて13年に岩名球場を改名

 ▼サオリーナ レスリング女子の五輪3連覇・吉田沙保里の偉業をたたえ17年10月に出身の津市北河路町にオープンした総合スポーツ施設

 ▼スタルヒン球場 プロ野球巨人などで活躍したスタルヒン投手の出身地の旭川市が、84年の改修を機に旭川市営球場を改名

 ▼セイコオーバル 富士急ハイランドの屋外スケートリンク(山梨・富士吉田市)。富士急スケート部所属だった橋本聖子のアルベールビル五輪銅メダル獲得をたたえ命名

 ▼古橋廣之進記念浜松市総合水泳場 競泳で戦後に次々と世界記録を更新した功績などをたたえ出身の静岡・浜松市が命名

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×