横浜FM DF実藤のラストプレーで札幌と同点に マスカット監督「最後の最後まで気が抜けない試合」

横浜FM・実藤友紀
横浜FM・実藤友紀

◆明治安田生命J1リーグ▽第4節 横浜FM1―1札幌(12日、札幌ド)

 横浜FMは敵地で札幌と1―1で引き分けた。0―1で迎えた後半アディショナルタイム5分。DF実藤友紀がオーバーヘッドで同点ゴールを挙げた。

 今季初の無得点試合かと思われた後半アディショナルタイム。DF小池龍太の右クロスをFWアンデルソンロペスが落とすと、ゴール前に走り込んだ実藤がオーバーヘッド。ボールはバーに直撃し、ギリギリのところでゴール内側へ。VARの結果、得点は認められ、そのまま試合は終了。FW経験を持つ実藤が、DFらしからぬしびれるゴールを決め「なんとかもぎ取れて良かった。最低限勝ち点1を取れて良かった」と喜んだ。

 今季出場2試合目の33歳が意地の同点ゴール。全員が最後まで諦めない姿勢を貫き、勝ち点1を奪った。マスカット監督は「エキサイティングなゲームが見れたんじゃないかなと思う。自分たちはメンタル的にも強く、アウェーでも攻撃的なサッカーを見せられた。札幌さんも攻撃的で強いチーム。最後の最後まで気が抜けない試合ができた」と総括。主力の負傷も続き、総力戦でここまで戦い抜いてきたが、「まだフィットしてない選手がいる中でも、それぞれがピッチでいつもと違うポジションで出ても、最後までフィジカルを落とさずに戦ってくれた。そういう選手たちを誇りに思う」と選手をたたえた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×