BCリーグ福島、宮城県出身、今季加入の佐藤優悟、被災地に勇気を…東日本大震災から11年

スポーツ報知
黙とうする福島レッドホープスの選手とスタッフら(右手前が岩村監督)

 福島・須賀川市内でキャンプ中のBCリーグ・福島レッドホープスの選手、スタッフらは11日、地震発生の午後2時46分、練習を中止して黙とうをささげた。今季から加入した佐藤優悟外野手(24)=仙台大出=は新天地で活躍し、被災地に勇気を届けると誓った。

 佐藤は、11年前は中学1年生。宮城・蔵王町の自宅に被害はなく、家族も無事だったが「感じたことがないぐらい大きな揺れを感じた。水道は2週間ぐらい、電気は1週間ぐらい止まっていた」と当時を振り返った。「被災地は、まだ完全に復興はできていない。改めて今日、頑張ろうという決意が深まりました」と神妙な表情で語っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×