アイスホッケー久保英恵、所属先の慰労式で「3度も五輪に出場できたのはすごく幸せ」

スポーツ報知
慰労式で笑顔を見せた久保英恵(中)

 アイスホッケー女子で五輪3大会に出場したFW久保英恵(西武)は、13日のチーム練習を最後に現役を引退する。11日は所属先の太陽生命で慰労式が行われ「3度も五輪に出場できたのはすごく幸せなことで誇りに思っています。今後はスマイルジャパンのさらなる活躍が期待されると思いますので、よろしくお願いします」と次世代へ思いを託した。

 集大成と位置づけていた今年2月の北京五輪では、日本勢初の1次リーグ突破を果たした。長らくアイスホッケー界をけん引し、最後に大きな結果を残したベテランは競技人生を漢字一文字で「楽」と表した。「ここまで長くやってきて、モチベーションを保つのにすごく大変なこともありました。でもチームメイトやサポートしてくれる方々がいたからここまでできたと思います。本当に最後まで楽しくアイスホッケーができました」と語った。

 今後については「女子アイスホッケーは五輪に出られるというところで終わってはいけない。さらなる結果が求められますし、今後育成がすごく大事になってくると思う。経験を生かして少しでも手助けができればと思っています」と力強く語った。競技以外にやってみたいことについては「陶芸。ずっとやってみたいと思っていて、なかなかする機会が無いのでやってみたいと思っています」とにっこり笑った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×