【箱根への道】順大クインテット、打倒・青学へ伝説超える…西沢侑真新主将「全員が区間賞争い」

スポーツ報知
西沢侑真新主将

 1月の第98回箱根駅伝で順大が総合2位となり、15年ぶりのトップ3入り。就任7年目の長門俊介監督(37)が4年時の2007年大会以来となる、12度目の総合優勝&打倒・青学大に向けて、指揮官は「令和のクインテット」と名付けた1万メートル28分台の新4年生5人のさらなる成長をカギに挙げた。西沢侑真新主将(3年)は「大学駅伝3冠」獲得を22年度の目標に掲げ「クインテット全員が区間賞争いできるくらいのレベルに」と強い覚悟を持って勝負の1年に挑む。

 茄子紺の伝統のユニホームが、箱根路で久しぶりに躍進した。順大は往路5位、復路5位で07年の総合優勝以来の“表彰台”となる総合2位に入った。長門監督は「ハラハラ、ドキドキ。最後はヒヤヒヤと多くの感情を抱きながら見ていた」と苦笑いで振り返った。その経験者7人が残り、来年は16年ぶりの頂点へ期待が膨らむ。「青学大との約11分差を詰め、いかにリードさせないように戦っていくか。ウチは2ケタ区間が4つあって2位。デコボコした失敗をなくせば5分は良かったと思います。残りは1人30秒は詰めていかないと」と青写真を描いている。

 昨夏の東京五輪3000メートル障害7位のエース・三浦龍司(2年)は世界陸上や、5000メートルの日本記録などを目標に今年も超学生級のスピードを磨く。指揮官が箱根Vへの主軸として期待を寄せるのは新4年生の5人だ。昨秋、平駿介、伊予田達弥、四釜峻佑、西沢、野村優作の実力者5人を「令和のクインテット」と名付けた。4人が走った11月の全日本大学駅伝では、20年ぶりの3位に入った。

 順大で「クインテット」といえば、00年度に史上2校目の大学駅伝3冠を成し遂げた岩水嘉孝(現・資生堂監督)、野口英盛(現・積水化学監督)ら“最強世代”5選手のこと。「自覚を持ってほしくて。オールラウンダーの岩水さんや、駅伝は外さないロード職人の野口さんたちは練習を見てもすごい。今の5人は未熟ですが、記録では上回れる力がある。1年で強い存在になってほしい」と指揮官は命名の意図を明かした。

 西沢が静岡・浜松日体高時代以来の主将に就任した。「周りにも厳しいことを言える」と指揮官は期待する。新4年生で22年度のスローガンを「覚悟の証明」と定めた。新主将は「時には厳しいことを言い合いながら、まとまりを作っていけたら。順大が強い時は4年生が強いチーム。『令和のクインテット』と呼ばれるのはうれしい。注目される分、5人全員が区間賞を取れるくらいにレベルを上げて結果を残したい」と大学最終年への強い決意を口にする。

 順当なら、来年の箱根でも5人は主要区間起用が有力だ。「5人ともまじめで良い子ですが、駅伝に向けた個性が確立されていない。自分たちの頃は『ここは俺の区間だ』というのを持っていた。ずうずうしさや勝負への強い気持ちが欲しい」と4年連続で箱根9区を走り、4年時に区間賞を獲得して総合Vに貢献した長門監督は注文をつける。5人の速さに強さと個性が加わった時、勝利への“五重奏”が完成する。(榎本 友一)

 ◆順大 1952年創部。箱根駅伝は58年初出場。66年に初優勝し、歴代4位の11回優勝。出雲駅伝は優勝3回(99~2001年)。全日本大学駅伝は00年に優勝し、同年度は学生駅伝3冠。タスキ色は白地に赤。主なOBは「初代・山の神」今井正人(トヨタ自動車九州)、16年リオ五輪3000メートル障害代表の塩尻和也(富士通)。

 ◆クインテット 順大・沢木啓祐監督の下、1998年に入学した入船満、岩水嘉孝、奥田真一郎、坂井隆則、野口英盛の5人の呼称。学生3大駅伝で安定した力を発揮し、2000年度は史上2校目となる出雲、全日本、箱根の駅伝3冠を獲得。さらに日本学生対校選手権も合わせた初の4冠も成し遂げた。出雲(99、00、01年)、全日本(00年)、箱根(99、01年)と3大駅伝で6冠をもたらす黄金世代となった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×