福本豊氏が指摘 広島のドラフト1位・黒原拓未は「真っすぐの威力ある」、6位・末包昇大は「パンチ力がある」

スポーツ報知
力投する2番手・黒原拓未

◆オープン戦 阪神―広島(9日・甲子園)

 5回から登板したドラフト1位の黒原=関学大=は真っすぐの威力がある。ロハスのヒットと自らの暴投でいきなり自ら無死三塁のピンチを招いたが、その後は150キロに迫る速球で、小野寺、坂本らを差し込んでいた。フォークの精度がいまひとつだったが、変化球がきっちり制球できるようになれば、貴重な戦力になるはずだ。

 広島の4番に座った末包=大阪ガス=はパンチ力があって、おもしろいね。1打席目のカーブをとらえた中飛、2打席目の右翼線二塁打と内容も良かった。課題を挙げるなら、真っすぐへの対応になる。6回2死の第3打席では湯浅の速球に完全に立ち遅れていた。プロのスピードに慣れてくれば、将来的にクリーンアップを任される可能性はあるのではないか。(スポーツ報知評論家・福本豊)

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×