西郷真央、ジャンボ祝福談話に「自分も早くコメントをもらえるように優勝したかったので、すごくうれしい」

スポーツ報知
ツアー初優勝を果たし、優勝トロフィーを手に笑顔の西郷真央(カメラ・今西 淳)

◆女子プロゴルフツアー開幕戦 ▽ダイキンオーキッドレディス 最終日(6日、沖縄・琉球GC=6590ヤード、パー72)

 20歳の大器・西郷真央(島津製作所)が、悲願のツアー初優勝を飾った。5打差8位から出て、6バーディー、1ボギーのこの日ベスト67で通算10アンダーとして逆転。ルーキーシーズンの昨季は2位が7回と惜しい戦いが続いたが、見事に“シルバーコレクター”を返上し、最終日に失速した昨年大会のリベンジにも成功した。首位タイで出た黄アルム(韓国)が1打差2位となった。

 ◆西郷に聞く

 ―今日はどういう気持ちでプレーした?

 「優勝は意識しなかった。トップも伸びていなかったので、後半は取りこぼしがないように伸ばしていけたらと思った」

 ―4日間最少の24パットと小技が好調だった。

 「16番も17番も普段入る距離ではないが入ってくれた。これまで3日間、惜しいパットがあった分、運が回ってくればいいなと、変えずにやった」

 ―海外を目指したいと思ったのは?

 「小学生でプロになりたい、世界で戦える選手になりたいと思った」

 ―ジャンボの祝福談話が会見で読み上げられた。

 「先輩の(原)英莉花ちゃんも優勝された時、ジャンボさんからコメントをもらったというニュースを見た。自分も早くコメントをもらえるように優勝したかったので、すごくうれしい」

師匠・尾崎将司の祝福コメント「西郷(せご)どん、優勝おめでとう。何と言ってもゴルフに対する考え方や取り組み方が優等生で、プロの中でもゴルフ頭脳はトップではないかと思う時がある。今回の優勝では2位にはない副賞がたくさんもらえる喜びを知っただろう。早めの2勝目を期待する」

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×