箱根駅伝5区区間賞の細谷翔馬が日本学生歴代3位の好タイム 今春から公務員ランナー

スポーツ報知
帝京大・細谷翔馬

◆東京マラソン(6日、東京都庁スタート~東京駅前ゴール=42・195キロ)

 男子は、2018年のベルリンで2時間1分39秒の世界記録を出し、2019年には非公認ながら2時間の壁を破った(1時間59分40秒)エリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間2分40秒で優勝した。10キロ過ぎに先頭集団を先導する白バイがコースを間違え、約10秒のロスタイムが生じるアクシデントが発生したが、2017年の東京マラソンでウィルソン・キプサング(ケニア)がマークした2時間3分58秒の日本国内開催の最高記録を大きく超えた。衰え知らずの37歳はマラソン16戦14勝となった。

 日本記録(2時間4分56秒)保持者の鈴木健吾(富士通)が2時間5分28秒好記録で日本人トップで4位でゴールした。

 今年の箱根駅伝5区で2年連続で区間賞を獲得した帝京大の細谷翔馬(4年)が日本人16位の総合23位。日本学生歴代3位となる2時間9分18秒と好走した。山形・寒河江市出身の細谷は今春、卒業後、隣の天童市の市役所に勤務する予定。今後、公務員ランナーとして活動する。

 細谷は、天下の険で力を発揮した健脚で初の42・195キロを走り切った。30キロ地点を1時間29分39秒で通過。日本人4位グループを引っ張る積極的な走りを見せ、中大の藤原正和(現監督)が2003年のびわ湖毎日でマークした日本学生記録(2時間8分12秒)の更新が期待された。終盤、ペースを落としたが、それでも、藤原正和、吉田祐也(当時青学大、現GMOインターネットグループ)が2020年別府大分毎日で記録した2時間8分30秒に続く日本学生歴代3位のタイムで走破した。ゴール前では、その吉田祐也に2秒競り勝つ粘りも見せた。

 帝京大の中野孝行監督は「箱根駅伝が終わった後も選手寮に残り、練習を重ねてきました。約1か月前は30キロ走、40キロ走、35キロ走を中1日で行うという練習もしました。細谷の努力を称賛します」と細谷をたたえた。

 先週の大阪マラソン・びわ湖毎日マラソン統合大会(2月27日)では帝京大の1学年先輩の星岳(コニカミノルタ)が、初マラソン日本最高となる2時間7分31秒の大会新新記録で優勝。「やはり、それは大きな刺激になったでしょう」と中野監督はうれしそうに話した。

 卒業後は実業団に進まず、かつて埼玉県庁に勤めていた川内優輝(現あいおいニッセイ同和損保)のような「公務員ランナー」となる。中野監督は「いろいろな取り組み方があっていいと思います。夢が広がります。大事なことは、どこでやるか、ではなく、何をやるか、だと思います」と細谷の新たな挑戦に心からのエールを送った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×