自民党・高市早苗氏、非核三原則の「持ち込ませず」は「自民党内で議論したい」

スポーツ報知
フジテレビ

 自民党の高市早苗政調会長が6日、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」(日曜・午前7時半)にスタジオ生出演した。

 番組では、先週2月27日の同番組で自民党の安倍晋三元首相がロシアのウクライナ侵攻を受けて、米国の核兵器を日本に配備して共同運用する「核シェアリング」について、国内でも議論すべきと提言したことを伝えた。

 この「核シェアリング」について、岸田文雄首相は2日に「非核三原則を堅持する立場から(核シェアリングは)認められない。政府として議論することは考えていない」と述べたことを、番組では伝えた。

 高市氏は、「今、議論しないといけないのは非核三原則なんです」と話した。その上で核兵器を「持たず・作らず・持ち込ませず」の非核三原則の中の「持ち込ませず」の原則について「私は歴代の政権を踏襲しています」とし、2010年の民主党政権での政府答弁や14年の安倍内閣での岸田外務相の答弁、「『持ち込ませず』の部分は将来の政権が判断し、議論を縛るべきじゃないという答弁について閣議決定までしているんです」と紹介した上で、「『持たず』『作らず』はアウトとしても、緊急時に『持ち込ませず』については、将来の政権を縛ってはいけない。非核三原則を守るのか。それか国民の命を守るのかという厳しい状況になったとき、この判断を時の政権がして、議論は縛っちゃいけない。これがずっと政府のスタンスなんです」と述べた。

 これに出演者から「岸田総理は、非核三原則を堅持すると言った上で、政府として核シェアリング議論をすることは考えてないという言い方をしています。自民党内では議論そのものは、やってもいいじゃないかという声もあります。その点、政府と与党の間に温度差があるように見える」との声が出てきた。

 高市氏は「NATOの核シェアリングのように、例えば政治的な決断とか政治的な責任とかそこまで共有できるか、今の日米同盟の中で。共有できるかどうかは、どうかなと思いますけど、NATOの今の現状を勉強して議論することは大事」とした上で、「私はなんといっても非核三原則の『持ち込ませず』というところ。これは極端な意見だと。非核三原則を守るべしという人の中には、有事になっても核兵器を搭載した米国の艦船が日本の領海内を通過してもダメ、領空を飛んでダメというような議論まであるんです。今だって大方みなさん、米国の核の傘の下で守られているって平気で言っているでしょ。でも、いざとなったら核抑止力がまったく機能しないということを言っているのと同じことになりますよね。だから、有事の時に持ち込ませずというところについては自民党内でも議論したいと思います」と語った。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請