“二刀流”の村岡桃佳が金メダル獲得し日本勢メダル1号 戦禍のウクライナ勢は金3個と奮闘

スポーツ報知
授与式で金メダルを掲げ、喜ぶ村岡桃佳(ロイター)

◆北京パラリンピック ▽第2日(5日)

 競技がスタートし、日本勢はアルペンスキー滑降の女子座位で選手団主将を務める村岡桃佳(25)=トヨタ自動車=が金メダルを獲得した。昨夏の東京パラで車いす陸上女子100メートルに出場した村岡は、前回平昌大会の大回転に続く自身2個目の金メダル。今大会の日本のメダル第1号となった。

 同男子座位では森井大輝(41)=トヨタ自動車=が3位に入り、2006年トリノ大会から5大会連続でメダルを獲得した。

 ロシアの侵攻を受けているウクライナ勢は、スキー距離と射撃で競うバイアスロンで金3、銀3、銅1の計7個のメダルを獲得し、競技初日から大活躍。苦しんでいる祖国に吉報を届けた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×