ロシアとベラルーシ、急転パラリンピック除外 「中立」のIPCに批判 大会存続の危機 ロシアは提訴へ

スポーツ報知
国名などの表記をテープで覆ったジャケットを着て練習を見るロシアのパラアイスホッケー選手団の関係者(ロイター)

 北京冬季パラリンピックの開幕を4日に控えた3日、国際パラリンピック委員会(IPC)は、ロシアとベラルーシの選手団に対して大会への参加を認めないと発表した。2日の理事会では国名などを使わない「中立」の立場で個人資格の出場を認めると決定したが、これに対して批判が殺到。大会存続の危機と参加する選手の安全性への懸念から、一転して両国への参加許可を撤回し、全面除外の決断を下した。ロシア側はスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴する考えを示した。

 開幕前日に、事態は急転した。IPCが北京パラリンピックからロシアとベラルーシ選手団の除外を決めた。ウクライナに侵攻したロシアと支援したベラルーシをスポーツ界から排除する動きが世界的に急拡大しており、IPCは「複数の選手やチームが不参加の意向を示すなど、大会存続の危機だった」と説明した。

 2日に両国の選手に対し、国名などを使わない「中立」の立場で出場を認めると発表したばかりだった。IPCのパーソンズ会長は、ロシア勢らの排除を求める意見もあった中で苦渋の決断だったと説明。しかし発表直後、世界中から批判が殺到した。米国オリンピック・パラリンピック委員会のハーシュランド最高経営責任者は「失望している」との声明を出し、ウクライナの複数選手は「意味のある制裁が下るには、あと何人の命が失われればいいのか。道義よりも流血と利益を選んでいる」と非難した。

 パーソンズ会長は、両国との対戦や、競技することを拒否すると伝えてきた各国・地域のパラリンピック委員会の数について「実数を答えるのは難しいが、かなりの数」と明かした。選手村が不穏となり、出場する選手の安全が懸念されることから、全面除外に至った。

 IPCによるとロシアは約70選手、ベラルーシは約10選手がエントリー。すでに現地入りしている選手もおり、この日に会場で練習したロシアのパラアイスホッケー選手団は、ジャケットの胸や背中にあるロシアや同国・パラリンピック委員会の表記をテープで覆うなど「ロシア色」を消して参加した。パーソンズ会長は「できるだけ早く両チームが安全に帰れるように手続きを進めている」と述べたが、ロシアのマティツィン・スポーツ相は、決定を不服としてCASに提訴する考えを示した。多くの問題を抱えたまま、異例のパラリンピックが4日、幕を開ける。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×