【中日】マスター阿部寿樹がまた意地の2点タイムリー  オープン戦打率は5割

8回に阿部寿樹が左前2点適時打を放つ(カメラ・馬場 秀則)
8回に阿部寿樹が左前2点適時打を放つ(カメラ・馬場 秀則)

◆オープン戦 ソフトバンク―中日(3日・ペイペイD)

 中日・阿部寿樹がまた意地の一打を放った。8回無死満塁の第4打席で左前にしぶとく落とす2点適時打。これでオープン戦は全4試合でヒットが出ており、打率は5割となった。

 前日(2日)には1号アーチを放つなど、好調をキープしている。だが石川昂弥を三塁で起用する方針もあり、高橋周平が二塁に回り、阿部は現時点で明確なポジションがない。立浪監督は前日(2日)の試合後「内野のポジションは決まりつつあるんですけど…。(阿部は)明日(3日)はレフトで使ってみようと思います」と話していた通り、3番・左翼に置いたが、見事に結果を出した。

 石川昂が4三振していることもあり、今後の阿部の奮起次第ではレギュラー奪取の可能性も現実味を帯びてくる。ポジションを失ったマスターの逆転人生に注目だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×