侍ジャパン・栗山英樹監督、来年WBCでアマ選手招集の可能性を示唆「勢いを持った選手が何人か必要」

プロアマ交流試合を視察した侍ジャパン・栗山監督(球団提供)
プロアマ交流試合を視察した侍ジャパン・栗山監督(球団提供)

◆プロアマ交流試合 日本ハム9―3早大(3日・鎌ケ谷スタジアム)

 侍ジャパンの栗山英樹監督(60)が3日、プロアマ交流戦の日本ハム2軍―早大戦(鎌ケ谷)を視察し、23年春に予定されている第5回WBCに、“期待枠”として、アマ選手を抜てきする可能性を示唆した。この日本塁打を放った今秋ドラフト上位候補の早大・蛭間拓哉外野手(新4年・浦和学院)へも、高い評価を与えた。

 左の大砲が、ひと振りで強烈な印象を植え付けた。2回先頭、1ボールからの2球目。早大の「4番・中堅」で先発した蛭間が、池田の132キロスライダーを捉えた。初回に上位が3者連続三振に封じられた後の、右翼席への一発。栗山監督は「レベルが高いのは間違いない。一発で仕留められるのは楽しみだね」と、目を細めた。

日本ハム2軍との練習試合の2回先頭で日本ハム・池田から右翼へソロを放った早大・蛭間
日本ハム2軍との練習試合の2回先頭で日本ハム・池田から右翼へソロを放った早大・蛭間

 栗山監督は蛭間の凡退した際の一塁への走り方、守備や練習での姿勢など、ビデオでは確認しきれない部分も高く評価。「非常に楽しみ」と賛辞を惜しまなかった。東京六大学で現役最多10本塁打を放ち、走攻守3拍子そろう未来のスター候補に期待を込めた。

 来年3月に予定されるWBCへ向けても楽しみな存在だ。栗山監督は1日にもオープン戦の日体大―東京ガス戦を視察するなど、アマ球界にも発掘の目を光らせる。蛭間ら新・大学4年生は、プロ入りしていたとしてもWBCの時期はまだ公式戦の開幕前。今のうちからその伸びしろを注視していく必要がある。「もちろん今のプロ野球で大活躍している選手が中心に行くんだけど、世界一になるために、若い、一気に駆け上がる勢いを持った選手が何人か必要。それを探しているところもある。その素材だけはしっかり見落とさないように、気を付けてやるつもり」と、WBCにおいては過去に例のない大抜てきの可能性をほのめかした。

 新型コロナ禍で中止となったが、本来3月5、6日に予定されていた台湾戦(東京D)では、日体大の二刀流・矢沢、立大内野手の山田らをリストアップ。昨年の東京五輪では新人の栗林(広島)、伊藤(日本ハム)が活躍したことも、柔軟な選考を後押しする。「全ての野球人の皆さんにいろんなことを教えてもらいながら、こっちは準備するだけ」。原石を発掘する旅は続いていきそうだ。(安藤 宏太)

 ◆蛭間 拓哉(ひるま・たくや)2000年9月8日、群馬・桐生市生まれ。21歳。小3から相生小野球クラブに入り、小6でに西武ライオンズジュニアに選出された。中学時代は前橋桜ボーイズに所属し、浦和学院に進学。3年夏に甲子園に出場した。早大では1年春からベンチ入り。43試合で10本塁打、30打点、142打数39安打で打率2割7分5厘。176センチ、85キロ。左投左打。

プロアマ交流試合を視察した侍ジャパン・栗山監督(球団提供)
日本ハム2軍との練習試合の2回先頭で日本ハム・池田から右翼へソロを放った早大・蛭間
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請