【中日】石川昂弥が前夜から5打席連続三振 オープン戦1号の鵜飼航丞と明暗

7回無死、石川昂弥が空振り三振に倒れる(カメラ・馬場 秀則)
7回無死、石川昂弥が空振り三振に倒れる(カメラ・馬場 秀則)

◆オープン戦 ソフトバンク―中日(3日・ペイペイD)

 中日・石川昂弥内野手が「4番・三塁」で先発したが、4三振と大スランプに陥った。

 先頭の2回、田中正に対し、3ボール1ストライクとなったが、ここから真っすぐを3球続けられ空振り三振。4回2死でも笠谷のスライダーにタイミングを外され、空振り三振に倒れた。さらに先頭の7回も田浦のチェンジアップの前に空振り三振。8回には尾形の前に見逃しの3球三振に終わった。

 これで前日(2日)からの2試合で8打数1安打7三振と課題が残った。もう1人の大砲候補のドラフト2位・鵜飼航丞=駒大=はオープン戦1号を含む2安打2打点。首脳陣は三塁のレギュラーとして期待しているだけに、浮上のきっかけをつかみたいところだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×