北京パラ開幕前日に急転…IPCが手のひら返し ロシア勢RPCとベラルーシ選手団の参加拒否を決定

 国際パラリンピック委員会(IPC)は3日、RPC(ロシア・パラリンピック委員会)とベラルーシの選手団について、4日に開幕する北京パラリンピックへの参加を認めないと発表した。IPCは2日の理事会で、ロシアのウクライナ侵攻を受けた北京パラへの対応を協議。「中立」の立場で参加を認めるとしており、大会開幕前日に一転して拒否する電撃的な対応となった。

 IPCのパーソンズ会長は「IPCとしては、スポーツと政治は切り離して考えるべきだと強く信じている」としながら、苦渋の決断となった経緯を説明。除外となる選手たちに向けては「あなた方は、政府の行動による犠牲者だ」とメッセージを送った。

 IPCによると、今大会のロシア勢は国ぐるみのドーピング問題の制裁で個人資格の約70選手、ベラルーシは約10選手がエントリーしていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×