「プーチン、そらアカンやろ」「北方領土も早く返して」在日ロシア人男性のプーチン批判が反響

スポーツ報知
小原ブラスのインスタグラム(@kobara.vlas)より

 ロシア出身のタレントでコラムニストの小原ブラスの発言が大きな反響を呼んでいる。

 小原は報道番組などに複数出演。「正直、怒りを通り越して悲しい」「国外に住むロシア人に対しても裏切り行為だと思います」などとプーチン批判を繰り返し、心配の声も上がるほどだった。

 自身のYouTubeに2月24日に動画を投稿。戦争が開始され「我慢できなくなってきたんですよ。素直な思っていることを言ってもええんちゃうかな、と」と始めた。「プーチン、そらアカンやろ」。ウクライナ東部のロシア系住民保護という名目であったとしても「いくらロシア系住民の保護っていっても、そんなことやったらアカンやろ。だってそれやったら何でもありやん」「そんなことしたら(ウクライナが)ますますNATOに加盟したくなるやろ」とバッサリ。一歩引いて安心感を引き出すような姿勢がロシア、NATO双方に必要ではないかと述べた。

 また、ロシアの軍事行動で自身やロシア民間人への目が厳しくなっていることを嘆いた。自身は在日ロシア人として、日本へ帰化する手続きも行っていることを明かし、「ロシア人だからといって決めつけんとってほしい」「北方領土も早く返してほしいねん。返してもらったら日本とロシア仲良くなって、僕も日本に住むロシア人としてみんなと仲良くできるわ、変な目で見られんですむわって思えるようになるから」などと語った。「決めつけて関係ない一般の人への攻撃はやめてほしい」と願った。

 この投稿に3日現在までに、YouTubeやインスタなどSNSに「ウクライナ人としてありがとうって言いたい」「ロシア人がこんなにはっきりプーチンを批判できるのは大変な勇気だと思います。あなたを応援しています」「ロシア人として辛い想いをしてるのに、批判をしてくる人がいるのは悲し過ぎる。あなたが悪い訳じゃないのに」など5600件を超えるコメントが寄せられている。

 小原ブラスは6歳から日本(兵庫県)に移住した関西系ロシア人で、コラムニスト、YouTuber、経営者、「外国人の子供たちの就学を支援する会」の理事長など多彩な顔を持つ。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×