【広島】ドラ1・黒原拓未が6球で緊急降板 打球直撃で左手負傷

スポーツ報知
4回から2番手で登板した黒原拓未(カメラ・頓所美代子)

◆オープン戦 DeNA―広島(3日・横浜)

 広島のドラフト1位・黒原拓未投手=関学大=が、わずか6球で負傷降板するアクシデントに見舞われた。4回から2番手で登板。1死三塁から梶原に投じた初球。鋭い打球を素手で処理しようとして、ワンバウンドで左手に直撃。治療のためにベンチへと下がり、そのまま交代が告げられた。

 リリーフとして期待されるルーキー左腕。ここまで実戦登板は2月19日の練習試合・巨人戦(那覇)で3者連続三振で1回無失点に抑えて鮮やかにデビュー。同27日のオープン戦・日本ハム戦(名護)では1回2失点という内容だった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×