「第15回尺代水無瀬川あまご釣り大会」開催!強豪抑え永井さん19尾で初優勝…大阪・水無瀬川

スポーツ報知
広くて安全な「尺代水無瀬川あまご・マス釣り場」の釣り場は初心者で快適に釣りができる。大会終了後にバーベキューを楽しむグループも見られた

 「第15回尺代水無瀬川あまご釣り大会」(主催・尺代漁業協同組合)が2月25日、大阪・島本町の「尺代水無瀬川あまご・マス釣り場」で開催された。参加者は28人で、競技時間は午前9時から同10時20分まで。釣ったアマゴの総尾数で順位を競った。

 午前9時。日が高くなるにつれ、気温も上昇。さっきまでの寒さがウソのように、暖かな日差しが参加者たちの体を包んだ。各エリアにはアマゴ20尾ほどが放流されていて、それぞれの釣り場は抽選によって決定。餌はイクラのみで腕を競い合った。

 朝の水温は2度と低めだったが、水無瀬川の清流で育ったアマゴは元気いっぱい。競技開始と同時に竿が曲がり、あちこちで掛けた魚を取り込む姿が見られた。

 優勝は19尾を釣り上げた永井新也さん(44)=京都市=。川へ海へと、釣りならなんでもこなすユーティリティープレーヤーだ。渓流釣りは中学生の頃から始め、源流や清流域へも足を運んでいる。「ここにも子どもを連れてよく来ますよ」とお気に入りの様子。

 この日は、開始直後の「入れ掛かりの時間を逃すまいと手返しを重視しました」とほんの10分で11尾を釣り上げ、スタートダッシュに成功。その後はピタッと止まったものの、釣り場を休ませたり、仕掛けを変更するなどで徐々に釣果を伸ばした。「魚影の前で餌をチラつかせて、何とか食わせようとした。粘りが勝因ですね」と永井さんはニッコリ。昨年3位の川村空生さん、優勝実績を持つ三輪晴彦さんといった強豪を抑え、4度目のチャレンジで初の栄冠に輝いた。

 表彰式では、各賞の表彰と副賞の賞品が手渡され、大会は盛況のうちに幕を閉じた。尺代漁協組合長・大西義雄さんは「絶好のコンディションで行えたことをうれしく思う。コロナ禍で中止も視野に入れたが、お客さんから大会を望む声が届き、開催に至った。これからも更なる発展を目指して取り組みたい」と言葉に力を込めた。

 「尺代水無瀬川あまご・マス釣り場」は、グループやファミリーも手軽に釣りを楽しめ、広い河原ではバーベキューも可能。豊かな自然を目の前にして、のんびり過ごすのもいいものだ。

(大塚 真哉)

 ◇問い合わせ 尺代漁業協同組合(TEL075・961・6500)へ。ホームページあり。

 ◇料金 アマゴ釣り4300円。ニジマス釣り大人3900円、小人2900円。

 ◇時間 午前8時から午後4時で、営業は5月中旬まで。

 ◇その他 貸し竿や餌の販売あり。

 ◆前年V報知APG・峰松さんは10尾ゲット◆

 気温マイナス3度という寒い朝。漁協が用意した焚き火を囲み、暖を取りながら大会の常連たちが釣り談義に花を咲かせていた。

 競技時間は80分。短いと感じる方もあると思うが、直前放流をする釣り場では、最初の30分が勝負。その後は各自の腕の見せどころだ。

 和気あいあいとした雰囲気が、競技開始の笛で真剣な競技ムードに一変。一斉に仕掛けを振り込んだ。周囲では、私を含めなかなか1尾目が上がらなかった。私は3投目でやっと1尾ゲット。続いて3尾釣り上げたが、そこでストップしてしまった。周りに目をやると、緩やかな流れの筋で、ヨレが出来ている釣り場では、ボツボツとだがコンスタントに釣れていた。

 ここでの釣り方は、放流魚が群れているポイントを直撃し、魚がスレてしまわないうちに何尾釣るかで勝負が決まる。今年は渇水のうえ、水が例年より澄んでいた。私の釣り場は、魚が潜める大石が2個あるが、ほとんど流れに変化がない。石の裏から時折姿を見せる魚を狙って仕掛けを流すと、ギラッと餌に反応するアマゴの姿が確認できた。ハリ掛かりした後にバラすと釣れなくなるので、ハリを飲まれてもよいのでしっかりハリ掛かりするまで待って釣ることにした。

 残り時間20分の合図。この時点で9尾の釣果。目の前ではアマゴが中層を追いかけっこしながら泳いでいるが、餌に全く反応しない。こまめに誘い続け、なんとか1尾追加したが、最終釣果は10尾に終わった。

 競技役員の方によると、上位入賞した常連は釣り方のバリエーションが豊富だとか。どんな釣り場でも、その場所に合った釣り方に精通している。

 終了後、顔見知りの上位入賞者に話を聞いた。食いが渋い時はとにかく誘いまくる。鏡のように変化のない釣り場でも、日陰など魚が集まると思われる場所を集中して狙う。イクラの餌切りなどをして、自分でポイントを作る。そして、最後の1秒まで諦めないこと。来年は私も先輩方に見習い、釣り方のバリエーションを増やして大会に臨みたい。

(報知APG・峰松 茂美)

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×