荒木飛羽 「暗い役や裏がある役は演じていて楽しい」… テレ朝系「愛しい嘘~優しい闇~」クズ役で話題に

スポーツ報知
ミステリアスな役柄に定評のある荒木飛羽(カメラ・佐々木 清勝)

 俳優・荒木飛羽(とわ、16)が放送中のテレビ朝日系ドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」(4日最終回・後11時15分)で、俳優・林遣都(31)演じるキーパーソンの青年期役を好演している。

 漫画家の主人公(波瑠)が、初恋相手・雨宮秀一(林)ら中学の同級生と再会し、事件に巻き込まれていくラブサスペンス。荒木演じる雨宮は、同級生の弱みにつけ込む役柄だけに「クズ宮」などとネット上で話題に。「自分でも台本を読んで『本当にひっどい人だな』と思いました。でも、暗い役や裏がある役は演じていて楽しい」と悪役にも前向きに挑んでいる。

 8歳で俳優デビューし、NHK「西郷どん」「半分、青い。」など数々の話題作に出演し、窪田正孝、山崎賢人らの幼少・青年期役も演じてきた。端正な顔立ちから、“ネクストブレイクイケメン俳優”としても注目を集める。

 シンガー・ソングライター・Aimer(エメ)の新曲「朝が来る」のミュージックビデオにも出演中。今後は「表現の幅を広げたい」と力を込め「ラブコメや憧れの仮面ライダー、コメディーにも挑戦したい」と次世代スターへの飛躍を誓った。

 ◆プロフィル

 ▼生まれとサイズ 2005年9月28日、茨城県生まれ。16歳。身長165センチ、血液型A

 ▼デビュー作 14年テレ朝系ドラマ「死神くん」

 ▼主な出演作 映画「ヒロイン失格」(15年)、日本テレビ系ドラマ「HiGH&LOW Season2」(16年)、「あなたの番です」(19年)

 ▼趣味 パワーストーン集め、スケートボード

 ▼特技 3歳から習い始めたヒップホップダンス

 ▼好きな映画 「ユージュアル・サスペクツ」

 ▼憧れ 佐藤健

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×