IPCがロシアとベラルーシの参加を容認 北京パラリンピック

スポーツ報知
大会マスコットのシュエロンロン(左、ロイター)

 国際パラリンピック委員会(IPC)は2日、4日に開幕する北京パラリンピックに出場予定のロシア・パラリンピック委員会(RPC)とベラルーシの選手について、国名などを使わない中立の立場で出場を容認すると発表した。「パラリンピックの旗の下で参加し、メダルランキングには含まれない」と声明。理事会で決定した。

 ロシアのウクライナ侵攻を巡っては、国際オリンピック委員会(IOC)が2月28日に、すべての国際競技連盟にロシアとベラルーシの選手と関係者を国際大会から除外することを勧告していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×