【ソフトバンク】柳田悠岐、オープン戦初打席で初球を右前打 新主将が好発進

スポーツ報知
ソフトバンク球団旗

◆オープン戦 ソフトバンク―中日(2日・ペイペイD)

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手がオープン戦初打席で強烈な右前打を放った。

 0―0の初回1死一塁で左腕・小笠原の初球、119キロカーブを引きつけてフルスイング。地をはうような打球が一、二塁間を抜けた。新主将の一打でチャンスは一、三塁に拡大。結局先制点にはつながらなかったが、貫禄の打撃だった。

 春季キャンプ中の柳田は紅白戦3試合に出場。5打数2安打1打点と順調な仕上がりを見せていた。新型コロナウイルス陽性の影響でスタートこそ筑後のC組だったが、2018年以来となるリハビリ組でないキャンプ完走を果たし「けがなく健康的で良かったです」と話していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×