パラリンピックにロシアとベラルーシ選手出場OK…国名、国旗、国歌など使わない「中立」の立場で

スポーツ報知
北京パラリンピックの聖火リレー(ロイター)

 国際パラリンピック委員会(IPC)は2日、ロシアとベラルーシの選手団に対し、4日開幕の北京パラリンピックに国名などを使わない「中立」の立場で出場を認めると発表した。ウクライナに侵攻したロシアと支援したベラルーシをスポーツ界から排除する動きが急加速しており、IPCの判断が注目されていた。

 両国はパラリンピック旗の下で参加し、メダルランキングには含まれない。選手が着用するユニホームについて、ロシア・パラリンピック委員会(RPC)のマークとベラルーシの国旗を隠すことも要請。ロシアはドーピング問題の制裁で既に個人資格のRPCでの参加となっている。

 両国を巡っては、国際オリンピック委員会(IOC)が2月28日に選手や役員を国際大会から除外するよう、全ての国際競技連盟(IF)や大会主催者に勧告。ただし、急な勧告のため、組織または法律上の理由で不可能な場合は、国名を使わずに「中立」での参加とし、国旗、国歌などの使用を禁じることを求めた。IPCはこれを適用した形。

 国連が北京五輪・パラリンピックに合わせて昨年12月に採択した「休戦決議」に違反したことについても「両国政府に非難の意を表明する」とした。パーソンズ会長は「決定は憲章とIPC規則の範囲内で下すことができる最も厳しい制裁だ」との声明を出した。一方、大会期間中にロシア勢などと対戦を拒否する選手が出てくる可能性もあり、新たな火種が残った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×