20年ミス東大の神谷明采、目標は「ビッグになる」 アナウンサーにも興味

「才色兼備」の四字熟語がピッタリの神谷明采。「有働由美子さんのような、実力を持ちながら親しみも感じさせる存在になりたい」と語る(カメラ・泉 貫太)
「才色兼備」の四字熟語がピッタリの神谷明采。「有働由美子さんのような、実力を持ちながら親しみも感じさせる存在になりたい」と語る(カメラ・泉 貫太)
「才色兼備」の四字熟語がピッタリの神谷明采。「有働由美子さんのような、実力を持ちながら親しみも感じさせる存在になりたい」と語る(カメラ・泉 貫太)
「才色兼備」の四字熟語がピッタリの神谷明采。「有働由美子さんのような、実力を持ちながら親しみも感じさせる存在になりたい」と語る(カメラ・泉 貫太)

 現役東大生でタレントの神谷明采(あさ、21)がこのほどスポーツ報知のインタビューに応じた。

 東大教養学部文科二類1年時の20年秋に「ミス東大」でグランプリを獲得し、翌春には、日本一のミスキャンパスを決める「MISS OF MISS CAMPUS QUEEN CONTEST」でもグランプリに輝いた逸材。清らかな美貌と、飾らない素顔が魅力だ。

 縁あって昨年5月に「古舘プロジェクト」に所属。初オーディションから連続で勝ち抜き、この1年足らずで立て続けにCM2本が決まる快進撃を見せている。

 1月末からオンエアされている「AOKIフレッシャーズ」のCMでは、初々しいスーツ姿を披露。「私はコロナ禍での入学だったので、(式典取りやめで)入学式に出られなくて。1学年下の代に、スーツを着て『入学式』の看板の前で記念撮影だけしました。スーツに袖を通すフレッシャーズのワクワクした幸せな気持ちはすごく理解できるので、今年の入学式も無事に行われたらいいなと思います」と後輩たちを思いやる。

 自身の青春時代は部活で新体操に熱中。「中学校の頃は勉強も全然していなくて、下から何番目って感じでした」。高校に進学する春に学習塾の無料体験に参加し、自らの学力不足を痛感。猛勉強の末、1年で偏差値を30以上伸ばして東大が狙える位置につけ「しっかり8~9時間は睡眠をとる」「日本史、世界史を勉強しているときは、息抜きとして数学の問題を解く」という独自の勉強法で、見事に最難関の門をくぐった。

 この春から経済学部3年に進学し、学業と芸能活動を両立させる。「ビッグになる」が目標だ。「アナウンサーの道にも興味がありますし、在学中に起業もしてみたい。『ミス東大』と言ってもらえることはありがたいですが、人として評価される存在になれたらステキだなと思います。自分の実力不足や課題をコツコツ克服していきたい」。好奇心と向上心を武器に、芸能界でも活躍が期待できそうだ。

 ◆神谷 明采(かみや・あさ)2000年4月19日、埼玉県生まれ。21歳。20年春に東大教養学部文科二類に入学。現在は全薬工業「アルージェ」のCMにも出演中のほか、ファッション誌「CanCam」のインフルエンサー「CanCam it girl」としても活躍。趣味は3歳から始めたバレエ、読書、独学で練習中のピアノ。身長161センチ。

「才色兼備」の四字熟語がピッタリの神谷明采。「有働由美子さんのような、実力を持ちながら親しみも感じさせる存在になりたい」と語る(カメラ・泉 貫太)
「才色兼備」の四字熟語がピッタリの神谷明采。「有働由美子さんのような、実力を持ちながら親しみも感じさせる存在になりたい」と語る(カメラ・泉 貫太)
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請