【中日】石川昂弥“1号”に立浪監督ニンマリ「たまには打ちますよ(笑)。長打出ればベンチも活気づく」

3回、選手交代を告げる立浪和義監督(カメラ・豊田 秀一)
3回、選手交代を告げる立浪和義監督(カメラ・豊田 秀一)

◆オープン戦 中日7―9楽天(27日・北谷)

 中日・石川昂弥内野手が特大のオープン戦1号をたたき込んだ。1点ビハインドの2回2死三塁。1ストライクから、先発・滝中の真っすぐを完璧に捉え、左中間後方にある防球ネットまで運んだ。

 打った瞬間スタンドイン確信の一撃に石川昂はバットを左手で突き上げたまま、一塁方向へ走り出すほど会心の一振り。立浪監督も思わず「真っすぐ狙ってドンピシャのタイミングで打てたと思う。なかなか試合でああいう当たりを見てなかったので、非常にあの打席は良かった。素晴らしいホームランだった」と絶賛した。

2回2死三塁、石川昂弥が左翼へ逆転の2ラン本塁打を放つ(カメラ・豊田 秀一)
2回2死三塁、石川昂弥が左翼へ逆転の2ラン本塁打を放つ(カメラ・豊田 秀一)

 入団後からの課題として直球への対応を常に試行錯誤してきた石川昂。今キャンプでも、指揮官や中村紀、森野両打撃コーチと常に対話しながら、技術を磨いてきた。直球を見事に仕留め結果を出したスラッガーに、立浪監督は「ずっと悩みながら取り組んできた。結果が出たので(本人も)当然うれしい。ようやく直球を打った?たまには打ちますよ(笑)。長打が魅力の選手ですから。長打が出ればベンチも活気づく」と、この日2安打4打点の若き大砲の躍動にニンマリしていた。

3回、選手交代を告げる立浪和義監督(カメラ・豊田 秀一)
2回2死三塁、石川昂弥が左翼へ逆転の2ラン本塁打を放つ(カメラ・豊田 秀一)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×