【ソフトバンク】谷川原健太、プロアマ戦で一発含む3安打2打点 外野&捕手のマルチ選手が打棒発揮

スポーツ報知
エイジェックとの練習試合で7回にソロ本塁打を放つ谷川原健太(カメラ・石田 順平)

◆プロアマ交流試合 ソフトバンク6―3エイジェック(27日・生目第2)

 ソフトバンク・谷川原健太捕手が、「2番・右翼」で先発出場。1本塁打を含む3安打2打点とB組野手の中で存在感を示した。

 初回無死一塁では左中間への先制適時二塁打を放つと、2回2死一塁では高いバウンドで一塁手の頭上を越える2打席連続の二塁打。7回2死では右中間へ豪快な一発を放り込んだ。

 「(7回の打席は)初球で狙っていた球を一発で捉えられたことは自信になりますし、これからにつながる。積極的に行けたのは自分にとってプラスかなと思います」と振り返った。試合前、試合後にも王球団会長兼特別チームアドバイザーから声をかけられ、「シーズンでもいいところを見せられるようにしたいです」と力を込めた。

 8回からは捕手として出場した。「捕手ができると自分にもプラスになるので、捕手を捨てずにやっていこうという思いで守りました」。視察した藤本監督は「状態いいね。谷川原の場合は外野の守備固めも代走もできるし、3番手捕手もできる」と目を細めた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×