【阪神】藤浪晋太郎、予定変更で先発務め圧巻の2回1安打無失点 最速157キロをマーク

阪神先発・藤浪晋太郎(カメラ・渡辺 了文)
阪神先発・藤浪晋太郎(カメラ・渡辺 了文)

◆オープン戦 ヤクルト―阪神(27日・浦添)

 阪神の藤浪晋太郎投手が急きょ任された先発マウンドで圧巻のピッチングを見せた。

 初回、山崎を153キロの直球で空振り三振に仕留めると、続くオスナは右飛。サンタナに右中間二塁打を許したが、4番・村上を155キロ直球で二ゴロに抑えた。2回は内山壮を外角いっぱいに投げ込み見逃し三振。長岡を中飛、吉田成を遊ゴロに打ち取った。この日は最速157キロをマークし、2回1安打無失点だった。

 この日、先発予定だったガンケルが腰の張りで登板を回避。2番手だった藤浪が予定を変更し、先発を務めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×