馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 小倉 函館

【サウジカップ】6着のマルシュロレーヌは有終の美を飾れず 矢作調教師「騎手は“外枠が響いた”と」

6着まで盛り返したマルシュロレーヌ(右端、カメラ・高橋 由二)
6着まで盛り返したマルシュロレーヌ(右端、カメラ・高橋 由二)

◆サウジC・G1(2月26日、サウジアラビア・キングアブドゥルアジーズ競馬場、ダート1800メートル=14頭立て)

 日本勢2頭が出走したが、クリストフ・スミヨン騎手とコンビを組んだラストランのマルシュロレーヌ(牝6歳、栗東・矢作芳人厩舎、父オルフェーヴル)は6着に終わったが、6着の賞金60万米ドル(約6900万円)を手にした。一方のテーオーケインズ(牡5歳、栗東・高柳大輔厩舎、父シニスターミニスター、松山弘平騎手)は8着どまり。日本勢の初Vには手が届かなかった。勝ったのはW・ラモス騎手が騎乗した地元サウジアラビアのエンブレムロード(牡4歳、Mアルムロワ厩舎、父クオリティロード)。勝ちタイムは1分50秒52。

 クリストフ・スミヨン騎手(マルシュロレーヌ=6着)「スタートはよかったです。内に何頭かいたので前のポジションを取れなかったんですが、最終コーナーの手前で進路を見つけた時は自信をもって追い出しました。道中の手応えもよかったし、前にいた人気の2頭が止まったのを見て、よし行けると思いました。距離が少し短かったのかもしれません。でも、素晴らしい牝馬であることが証明できたし、よく頑張りました」

 矢作芳人調教師「ジョッキーは『外枠が響いた、枠がもっと内なら結果も違った』と言ってました。勝ち馬もサウジアラビアの馬だからと侮ってはいけませんね。まずは無事にレースを終えることが大事でしたのでよかったと思います。この馬には感謝でいっぱいです」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請