韓国の“メガネ先輩”金恩貞、眼鏡なし&メイクした顔で長男とツーショット「美しい母親」「かわいい」

スポーツ報知
金恩貞のインスタグラムより@an_gyeong_ej

 北京五輪カーリング女子で8位だった韓国の“メガネ先輩”ことスキップの金恩貞(キム・ウンジョン)が25日までに自身のインスタグラムを更新。眼鏡を外した素顔で長男との親子ショットを公開した。

 ウンジョンは「ついに会えた私のソホ」とコメント。トレードマークの眼鏡を外し、メイクをした顔で長男と寄り添った姿をアップ。長男は北京五輪で大人気となった公式マスコット「ビンドゥンドゥン」のぬいぐるみを持っている。

 韓国は18年平昌五輪で銀メダルを獲得。ウンジョンは同年に結婚し、19年に第1子の長男を出産。自身がチーム関係者のパワハラを告発する騒動もあったが、再び五輪の舞台に戻っていた。

 コメント欄には「次の五輪でも見たいです」「美しい母親とハンサムな赤ちゃん」「メガネを外してもお似合いです!」「かわいい!」「ロコソラーレとの試合も楽しませてくれてありがとうございました!」などの声が寄せられている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×