伊藤沙恵女流名人 悲願成就の夜が明けた思い「ディズニー、行きたい…」

スポーツ報知
笑顔で「スポーツ報知」を手にする伊藤沙恵新・女流名人

 将棋の伊藤沙恵女流名人(28)が25日、悲願の初タイトルを獲得した第48期岡田美術館杯女流名人戦五番勝負第4局(24日)の舞台となった大阪市で一夜明け取材に応じた。

 柔らかな笑顔を浮かべ、新女流名人は歓喜の夜を振り返った。「全然眠れませんでした…。どこか高揚していたんでしょうね」。LINEなどで100件を超える祝福メッセージをもらった後、ベッドに潜ったのは午前1時頃。天井を見つめたまま、同3時頃まで現実の夢の中にいた。「まだタイトルの実感は沸かないのですが、いっぱいお祝いのメッセージを頂いて、応援していただいていたんだ…という実感は湧いています」。母の史津子さんからは「ゆっくり休んでね」、師匠の屋敷伸之九段からは「おめでとう」。兄、姉、多数の棋士と女流棋士からもお祝いの言葉が絶え間なく届いた。

 13連覇を目指した里見香奈女流四冠(29)=女流王座、女流王位、女流王将、倉敷藤花=とのシリーズを3勝1敗で制し、史上最多となる9度目の挑戦で初タイトルを獲得した。結果のみならず、内容も充実したシリーズだった。「自信になりました。やってきたことは間違いじゃなかったとは思います。今までは努力している気になっていただけかもしれなくて、気付くのが遅かったです。まだまだ頑張りたいです」

 段位ではなく、初めて「女流名人」の称号を名乗ることになった。「背筋が伸びて気が引き締まります。女流名人戦はリーグ戦の積み重ねからの挑戦なので、形になったことをうれしく思います。『女流名人』の言葉は、将棋界の外の方からも将棋界を代表する一人だと思われるものだと思うので、責任ある立場として恥じない行動をしたいです。あとは…漢字が難しくないので、書けそうでよかったです(笑)」

 女流棋界は里見女流四冠、西山朋佳女流二冠(26)=白玲・女王=、加藤桃子清麗(26)、そして伊藤女流名人がタイトルを保持する構図になった。4人で分け合うのは8年ぶり。覇権争いは激化する。「先のことを考えられないタイプなので、まずは28日の女流王位リーグの最終戦(甲斐智美女流五段戦)が残留への大一番なので、良い将棋を指したいです。喜びに浸っていたいですけど、時は流れていくので」

 自分へのお祝い願望はひとつだけ。「(将棋界随一のファンとして知られる)ディズニーランド、行きたいです。何をするとか何に乗るとかじゃなくて、世界観を満喫したいんです。やっぱりランド派ですね。『ビッグサンダーマウンテン』は基本として、冬は寒いけど『スプラッシュマウンテン』も…。それと『ハニーハント』と…あ、新しい『美女と野獣』も…きりがないです」

 初挑戦から7年、9度目の挑戦を実らせた夢を手にした。慣れ親しんだ「夢の国」も、もっと輝きに満ちた時間になるだろう。(北野 新太)

 以下、他の主な質疑応答。

 ―第4局での勝利の瞬間を振り返って。

 「△8六桂と打って、先手からの手段が見えなかったのですが、最後に何があるか分からないのが将棋なので、最後まで落ち着こうと思っていました。一度は敗勢まで陥った第2局もですけど、集中して指せたシリーズだったと思います」

 ―タイトルホルダーになって。

 「他の皆さんは『すごい』としか言いようがない方々ですし、お人柄も魅力的な方々ばかりなので見習っていきたいですし、少しでも近づいていきたい。1期で終わらないようにしたいです」

 ―自分を追い込んだシリーズの中、五輪観戦で刺激を受けていたと。

 「いちばん印象に残っているのはパシュートの選手の方々です。タイムでは勝っていてもう少しだったのに転倒してしまわれたシーンは忘れられません。もしかしたら失礼かもしれませんが、今までの自分を少し重ねた部分もあったのかもしれません」

 ―シリーズ中、西山朋佳女流二冠に練習対局を願い出たことは、今までの伊藤さんとは何かが違うような印象も受けます。

 「西山さんの将棋は魅せる将棋で、逆転勝ちも多いので指して何かを吸収できたらと思ったんです。もちろん断られてもしょうがないことですし、以前なら断られたら…と考えてしまってお願いもしなかったと思います。でも…快く応じていただいてすごく感謝しています」

 ―加藤桃子清麗の祝福談話には「沙恵ちゃんはカラオケもすごいんです。絶対に90点を割らない」と…。常に90オーバーはハンパな実力ではない。

 「いやあ、そんなことは…。いきものがかりが大好きすぎるので、さすがに歌い続けてると点数は出ますよ(笑)。十八番? うーん、主なシングル曲とB面の好きな曲でしょうか」

 ―今期は病気を経験されたり、団体戦を戦ったりして、人の支えを実感することが多かったと話してきた。それらも全て、今の栄光につながったのでしょうか。

 「大いにあります。思ったことは『自分は恵まれている』ということと『もっと感謝の気持ちを持たなきゃいけない』ということです。いろんなことを経験して、自分は変わったと思います」

将棋・囲碁

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×